元園長の保育園情報

保育園の見学はいつから?早い人は4月から始めている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

私も3ヶ月になる女の子がいます。

子育てをしながら保育園探しは大変です。
普段の生活だけでも1日があっという間に過ぎていき、気付いたらもう夕方になっていることばかりです。
そんな中で育休が終わり会社に復帰するとなると保育園を探さなければなりません。
最初は、6ヶ月で復帰するぞと気合を入れていても、子育てが考えていたより忙しかったり、待機児童のニュースを聞いたり、友達からなかなか保育園に入れない話を聞いたりするとやっぱり4月にしようと思ってしまいます。
夫に相談しても何とかなるだろうと言うし、自分で調べても情報がありすぎて何からすればいいのかわからい。
結局、何もできないまま日が過ぎて行っている。

そうこうしているうちに会社からいつ頃復帰するのかと連絡があって、すこし慌てていませんか?

 

安心してください。私もあなたと同じです。
去年まで園長をしていて保育園を探すお母さんと話をする立場だった私も今年は保育園を探す方です。
まだ、区役所に話を聞きに行っただけで、保育園見学はしていません。
(私の保育園は神奈川県川崎市にありますが、住んでいるのは東京都練馬区のため練馬区で保育園を探しています。)

保育園の申込は大きく分けて2パターンに分かれます。保育園の違いから順に説明していきます。

 

1.認可保育園と認可外保育園(認証・認定を含む)の違い

1-1.認可保育園と認可外保育園の比較

保育園は認可保育園だけじゃない認可外保育園とは?

それぞれ申込方法が違うため大学受験のように滑り止めのように認可外保育園を申込こともできます。

認可外保育園は各園によって流れが違うため混乱しやすくなるためよく聞いてメモに残しておくことをお勧めいたします。

1-2.期中より4月の方が入園しやすい

入園のタイミングですが、1年を通して入園はできます。

認可保育園は、たいてい2ヶ月くらいの感覚で定期的に募集をしています。
認可外保育園は、保育園によりますがいつでも入れるところが多いです。

ただし、空き次第です。

最近、ニュースにもなっているように待機児童問題が深刻です。
そのため期中の入園はかなり厳しいです。
4月入園の方が現実的といえます。

4月入園は新旧があるため0歳児は確実に定員人数入れます。
また、年度末には引越しや保育園の変更なども増えるため0歳児以外でも一番入りやすいと言えます。

一番ハードルが高いのは1歳児です。
1歳まで育休を取る人が多いことと、0歳で入れたくても0歳児は6ヶ月以上の子どもから対象の保育園が多くことなどから1歳児に応募が集中します。

0歳児に応募できる方は必ず応募しておきましょう

0歳児に4月入園ができるお子さんの場合は1歳児よりもはるかに入園しやすいので必ず応募しましょう。
育休がまだ先まである場合でも、会社と相談して早く復帰してでも応募すべきです。

保育園の多くが6ヶ月以上の子どもから預かってくれます。
4月入園できる0歳児というと、必然的に4月から9月末までに生まれた子どもだけになります。
ここで対象が半分になると言えます。
また、1歳になるまで育休がある人も多いのでさらに応募が減ります。
そして、保育園に入れれば1歳児には進級できますので、一番厳しいタイミングを避けることができます。

逆に、1歳児は0歳児に応募できなかった人や1歳になってから入園させたい人が応募しますが、募集枠は1歳児の定員から進級する人数を引いた人数となります。

たいていの保育園が0歳児の定員より1歳児の定員から0歳児の定員を引いた残りの方が少なくなるはずです。

具体的な例で話をします。

2016年4月から2017年3月までのそれぞれの月に生まれた子どもが2人ずつ合計24人いたとします。
ある保育園にこの12人が応募を考えています。
ある保育園の定員は0歳児が9人で、1歳児が16人でした。
また、0歳児は6ヶ月以上が対象でした。

2017年4月入園で応募できるのは24人中12人です。さらに1歳になってから入園させたいと考えている人が3人いたので、9人が応募しました。
結果、9人全員が入園できました。
定員一杯となったので期中の入園はできません。

2018年4月入園でやっと10月以降に生まれた子どもたちが応募できます。さらに昨年応募しなかった3人も応募します。
みんな1歳になっています。
ただし、募集人数は16人-9人の7人です。
0歳児で入った子どもたちが進級して、1歳児になりました。
7人の枠に15人が応募します。倍率は2倍以上です。

このようなことが実際に起こっているため1歳児が一番厳しくなります。

でも、そうすると2歳児や3歳児の方がもっと厳しいのではと思うかもしれません。
実は2歳児になると必要な面積減るため定員も増えますし、既に育休で仕事復帰している人ばかりで2歳から預けたい人は少ないのです。
さらに3歳児になると幼稚園に入れるようになり、幼稚園へ入園して保育園は退園する子どもが減るため3歳児は意外と入りやすくなります。

2.認可保育園なら遅くても9月には見学に行く

2-1.練馬区は4月入園の申込締切が10月末

私が住んでいる練馬区では平成29年4月入園の申込締切は10月末でした。
提出した書類の内容に変更があれば途中で変更も可能です。

認可保育園に申込場合に見学に行かなくてもいいと考えていませんか?

たいていの保育園ではちゃんと保育が行われているはずですが、中には認可保育園でも基準を守れっていないところがあるようです。
保育園で保育士を募集した時に以前勤めていた保育園の話を聞きます。
中には保育士が足りていないために基準以上の子どもを見ていたり、保育中の傷を見落として保護者と関係が悪化したりという話を聞きました。
そのような環境で働いていると当然、身体的にも精神的にも体調を崩して辞めてしまった方が多いです。

このような話を聞くと、認可保育園の基準を満たしていると言っても自分の目で確認しないわけにはいきません。

また、最近では幼稚園のように教育プログラムを取り入れているところがあります。
保育園によって保育内容や教育プログラムの違いがありますので自分の子どもに合った保育園を見つけることができます。

では、保育園の見学にいついけばいいかというと、6月~8月頃がベストです。

4月5月は新入園児たちがいるため、まだ子どもたちも保育園に慣れていない状態です。
先生たちも3月からすると急に子どもたちが1歳小さくなり、子どもたちそれぞれの特徴がまだつかめていない時期です。
そのため、見学に行っても普段の保育園生活という感じではないでしょうし、対応ももう少し落ち着いてから来てほしいという感じになりかねません。
また、あなたにしてみても早く行き過ぎることは忘れてしまったり、印象が薄れてしまったりします。

9月は、10月末の締切に間に合うぎりぎりのタイミングです。
10月でも間に合わなくはないですが、複数の保育園を見て比較検討して決めるというと時間がありません。
余裕をもって検討時間をとるためにも9月より前に見学は始めていくつか見学してどうしようかと迷っているところやもう1度見たいところに行くのがいいです。

時間がないととにかく預けるところを確保することが優先されがちになります。
大切なお子さんのことですので、じっくり検討して決めてください。

2-2.保育園によって見学対応が違う

たいていの場合、見学の対応には2つのパターンがあります。

1つは、決まった日時に説明会を行うパターンです。
もう1つは、随時見学ができるパターンです。

決まった日に説明会を行う保育園の場合、説明会を逃すと見学できないので早めに確認が必要です。

また、認可外保育園では見学後の流れもそれぞれ違います。
かならずメモを取って情報がごちゃ混ぜにならないように気を付けましょう。

2-3.準備、見学、比較、結論までに時間が必要

保育園見学といってもただ見学にいけばいいわけではありません。

最低限、必要な準備としてお子さんをどう育てたいのかを話し合いましょう。
明るく元気に育ってくれればいいと決まれば、園庭があったり、お散歩にたくさん行ったりする保育園がいいですし、勉強がよくできる子どもに育てたいと思っていれば、教育プログラムが充実した保育園が増えています。

これらの方針から見学した際に確実にチェックしておく項目が見えてきます。
最初に考えておかないとなんとなく見学して、どこがいいかという検討段階になって比較が難しくなります。

沢山の保育園があるため限られた時間の中で見学をするにはある程度絞り込んだり、優先順位をつけたりして効率よく見学をする必要があります。

3.認証・認定保育園、認可外なら早い人は4月から見学に行く

3-1.保育園によって違うので確認が必要

認可外保育園は見学の時期も見学後の流れも本当にばらばらです。

かならずメモを残しておかないとわからなくなります。

例えば早い保育園だと9月頃から募集を開始して、募集、契約も年内だったり、遅い保育園だと認可保育園の結果後から見学というところもあります。

最近は日時を決めて説明会をするところが増えている気がします。
よほどのことがないと複数回しているので事前に情報を集めて参加します。
認可外保育園はHPで情報提供しているところもありますので確認してみてください。

3-2.期中入園を考えるなら4月から見学もあり

ここまで来年度の4月入園ということで見学は6月~8月がいいと書いてきましたが、今年度中の入園を考えれば早い方がいいです。
実際、4月から見学したいという問い合わせもあります。
ただ、4月は新入園児もいますし、内心もう少したってから来てほしいです。

認可保育園のポイント稼ぎのために認可外保育園の期中入園を考えている場合はとにかく空きがあるかが問題になります。
最近は役所から待機児童のこともあり出来るだけ入園させるように言われます。
もちろん、基準は守っている必要があります。

何が違うかというと、学年ごとの定員に関係なく入れてもいいということや、基準は実年齢計算の数値なので誕生日を迎える子どもがいると期中でも空きができるということです。
たいていの保育園では4月入園希望は1歳児が多く、期中は0歳児が多い傾向だと思います。
そして、2歳児以上は少ない状態でしょう。
特に3歳児になると幼稚園という選択肢も出てきますので定員割れしているところも多いです。

学年ごとに定員はありますが、少ない学年の空きの分を定員以上に希望者がいる学年に回してもよいということです。
ただし、入れる子どもに合わせた基準を守る必要があります。

例えば3歳児が定員2人分空いていたとします。
そこに1歳児が入りたいと来て入園してもらうことになった場合、1人しか入れません。

どういうことかというと3歳児2人分ということは保育士0.2人分と面積3.96m2の空きということになります。
1歳児に必要な保育士は0.16人分と面積3.3m2です。
必要な保育士と面積の基準は入ることどもの年齢によって変わるため違う学年の子どもを入れる場合は定員が2人空いていたからと言って2人は入れるとは限りません。

また、誕生日を迎えると必要な基準が減ります。

例えば1歳の子どもが2歳になった場合、必要な保育士の人数は変わりませんが、必要な面積は3.3m2から1.98m2に減ります。
2歳から3歳になった場合は必要な保育士が0.16人から0.1人になります。
このように年齢が上がると必要な保育士数と面積が減るため何人かが誕生日を迎えると新たに受け入れられる子どもに必要な保育士数と面積が確保できるということです。

実際に3月頃の認可保育園の在籍人数を確認してもらうと定員より多いところがほとんどです。

期中でもまったく入れないわけではありませんが、難しいことは確かです。

4.待機児童問題は他人事ではない

4-1.なぜ待機児童が急増しているのか?

ニュースではよく待機児童の問題や保育園に入れなかったという話を聞きます。
でも、自分には関係ない他人事のように思っていませんか?

保育園に見学に来られる方の話を聞いていてもそう感じている人が多いように思えます。

もちろん、まったく関係ないと思っているわけではなく、自分はちゃんと保育園に入れられる、落とされることなんてないとどこか安易に思っているということです。

早くから見学に来られる方は年々増えています。
でも、見学に来たあと結局認可保育園だけ申込んで落ちたのでなんとかしてくれませんか?という問い合わせが認可保育園結果発表の後になって沢山かかってきます。

認可保育園の結果が出るのは1月末から2月頭です。
この時期には仕事の復帰は4月と既に確定している人も多いはずです。
認可保育園の結果が発表された後は駆け込みで兎に角空いている保育園を探して入れてもらうということになります。
せっかく、見学をしえていい保育園はどこかを調査したのに、入れたい保育園に入れないということになりかねませんので見学後も確実に良いところに入れるよう算段しておきましょう。

4-2.待機児童の現状

現在の待機児童数です。

2016年4月 待機児童数ランキング

東京都世田谷区 1,198人
岡山県岡山市 729人
沖縄県那覇市 559人
千葉県市川市 514人
東京都江戸川区 397人
東京都板橋区 376人
沖縄県沖縄市 360人
大分県大分市 350人
香川県高松市 321人
東京都渋谷区 315人

2016年4月の待機児童数ですが、毎月待機児童は増えます。
実は4月の待機児童というのは一番入りやすい4月の入園ができなかった人たちで、1年の中でも進級と重なり多くの子どもたちが新園児として保育園に入る一番少ないタイミングです。
その後にやっと保育園に入れる月齢になった子どもが新たな待機児童となります。
既にいっぱいなので期中に保育園に入れるようになった子どもは必然的に待機児童になります。

また、この数字とは別に隠れ待機児童と呼ばれる児童がいます。
数年前に待機児童が0人になった横浜市の計算方法は保育園の定員と保育園に入りたい子供の人数を比べた時に保育園の定員の方が多いので待機児童が0人だと宣言しました。
でも、実際には入りたい保育園に入れず仕方なく遠い保育園に通ったり、諦めて預けなかったりという人が大勢いました。

私の実家は岡山市です。
岡山市では3年前に調べた時には待機児童はいませんでした。
しかし、今年はなんと全国2位です。
急になぜと思ったら計算方法を変えたとのことでした。
岡山市でも横浜市と同じよな計算をしていたようですが、実情に合わせて遠くに通っている人を実質の待機児童としてカウントするようにしました。

このようにそれぞれの計算方法が違うので実際の待機児童数はもっと多いところもあると考えています。

4-3.見学者から聞いたのはなし

実際に見学に来られている方の話です。

当園がある梶ヶ谷では2016年4月に新しい認可保育園が2園できました。
当園からも認可保育園を希望されている方はほとんど第一希望で入れました。
見学に来られる人に聞いても周りはほとんど認可保育園に入れたうちはダメでしたという話をよく聞きました。

当園は高津区の端に位置しており、隣の宮前区からも見学者が来ます。
隣の駅になる宮前区では新しい保育園が出来ずに本当に厳しかったようで、その方は30園既に見学したが空きがないと話していました。

距離的には少ししか違いがないのにこれほどの差がうまれます。
近くに新しい保育園が出来ていたらチャンスです。

ちなみに川崎市は待機児童数ランキングの50位までに入っていません。
それでもこの状況です。

場所とタイミングによって同じ地域に住んでいても実際の待機児童数以上に厳しい状況を想定しておいた方がいいかもしれません。

5.保育園が決まるまでの流れ

5-1.一般的な保活の流れ

準備・情報収集→見学→比較検討→契約の流れです。

最初にするのは準備です。
特に情報収集が重要です。
まずは、あなたが住んでいる地域の保育園がどのくらいあるのか、どういう状況なのか、申込手順はどうなっているのか知る必要があります。
そうした情報は市役所や区役所で聞くのが一番です。

役所で聞いた情報やもらった資料を元に自宅から通える保育園をピックアップして調べていきます。
あなたの住んでいる地域の現状に合わせて多めに保育園は候補に挙げておきます。
実際に見学を申込ために保育園に電話して予約していきます。

見学する前に質問リストをつくりどの保育園でもかならずする質問を決めておきます。
このようにすることで見学に比較検討するとき比較しやすくなります。
質問はどんなお子さんに育ってほしいかによって変わってきます。

見学では写真を撮ったりはできませんので、メモを残します。
必ずメモしないと忘れてしまったり、どの保育園のことだったかわからなかったりします。

見学後は、比較検討していきます。
見学した中からここは入園したくないところを外します。
また、優先順位をつけていきます。
練馬区の場合は優先順位はなく7つの保育園を書いて出すようになっていました。
優先順位の高い認可外保育園があればその保育園に決めてしまうのもいいと思います。

そして契約です。

5-2.認可保育園にも見学に行った方がいいのか?

絶対に行った方がいいです。

認可保育園だから安心ということはありません。
保育園には役所から監査という形で定期的にチェックが入ります。
しかし、監査の時だけ基準を守っているように見せることは可能です。

私のきいた話では、監査の時だけ他の保育園から応援と称して保育士が来て基準以上の保育士がいるように見せる聞いたことがあります。

そういうところでは、普段の保育はひどい状況です。

ここまでひどいところは滅多にないことを祈りますが、本当にある話です。

また、保育園の方針や雰囲気というのがあります。
アットホームな保育が中心だったり、幼稚園のような教育プログラムがあったり、それぞれ特徴がありますし、優しくおとなしい先生たちばかりだったり、活発で明るい先生たちばっかりなどあなたとの相性もあります。

実際に見学に行かないとわからないことって結構あります。

6.いつから見学に行けばいい?今でしょ!?

最後に最初のタイトルに戻りますが、見学にはいついけばいいか?というと今でしょ!?ということで、保育園のことが気になってここにたどり着いたということは今がタイミングだといえます。
子育てで忙しいと思いますので、ちょっとでも気になっている今だったら時間も作れるはずです。
先延ばしするとせっかく調べたこともまた調べなおしになります。

それでもあえて見学の時期をいうなら6月~8月です。
保育園側も少し落ち着いてきて対応もしやすい時期です。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*