元園長の保育園情報

保育園の見学申込と問合せの電話の仕方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電話の仕方

始めて保育園に電話する時は少し勇気がいります。

どう切り出して、何をしゃべればいいのか、緊張してうまく話せるだろうか心配がつきません。

心配しなくてもあなただけではありません。
たどたどしく電話してこられる方はたくさんいます。

そこで見学や問合せの電話を毎日のように受けていた立場からどのように電話すればいいかまとめていきます。

1.保育園にかかってくる電話あるある

保育園を探していると思われる方からの電話にはいくつかパターンがあります。

それを最初に見ていきましょう。

空きはありますか?

空き状況を確認したいという電話はよくあります。

当然ですよね。
空いてなければ他にかけようと思っているんだと思います。

この質問をしてくる方はたいていの場合、もうじき仕事が始まるが保育園が決まっていなくてどうしようかと焦っている方が多いです。

ただ、まずは情報をください。

お子さんが何歳でいつから入園を考えているか教えてもらえないときちんとした返答ができません。

単に空いているかだけですと、空いてなくて当分空くこともなければ空いていませんと答えて終わりますが、それ以外の場合どの学年かいつ入園を希望されているかによって変わってきます。

電話をもらった時に空いていなくても来月空く可能性もあります。

出来るだけこちらからも聞くようにしていますが、忙しいタイミングでの電話だと長く話ができず終わる時もあります。

また、空いていた場合にどうしたいのか決まっていない人もいます。
空いていたら次は見学だと思っているのですが、後でかけなおしますという方が多いです。

両親そろって見学したいということで日程調整というのもあるかもしれません。

見学できますか?

見学したくて電話がある場合は、入園希望までまだ余裕がある方が多いです。

電話での話方で他にも電話かけてそうか、初めて電話していそうかがわかります。
初めてっぽい方だと、こちらに余裕がある時間帯であれば最近の保育園情報や他の方の動向なども話したりします。

見学は大きく分けて2パターンあります。
見学会をしているところと、随時受付ているところです。

随時受付の場合は、日時を決めますのである程度候補を決めておくといいと思います。

2.電話の前にしておくこと

電話の前にしておくことがあります。

保育園に電話する目的はたいてい見学を申込ことです。

一般的には役所に行って近くの保育園情報を入手します。
資料ももらえると思いますので、資料を元にどの保育園を見学するか決めます。

このとき確認しておきたいのが、家からの距離とお子さんの年齢の定員です。
定員については0歳児なら定員そのままですが、1歳児や2歳児の場合は進級があるので1歳児の定員-0歳児の定員が新たに入れる人数となります。

これでどのくらい厳しいものになるか想像ができます。

もう少し調べるなら現在の空きや待ち人数を確認します。
こうしたデータは役所のHPで調べられることが多いです。

また、一度HPを確認することをお勧めいたします。

保育園はまだまだHPがないところや、情報が少ないところが多いですが、きちんとしたHPがあるところもありますが、電話しなくてもわかることがあります。

余裕があれば保育園ごとに情報を整理して置くと後々便利です。

3.電話でする時間

保育園には一日中電話がかかってきます。

でも、忙しいタイミングだと必要なことだけ話をして終わりになります。

時間がある時だと、いろいろと情報をお話したりします。

では、どの時間帯が保育園にとってありがたいでしょうか?

保育園によって事情が違うこともあるかと思いますが、夕方が一番助かります。

たいていの保育園は午前中に活動があるのであまり手が離せません。
というのも子どもたちは午前中の方が集中力があり、何かをする場合は午前中の方がしっかりできますし、吸収もいいのです。

そして、お昼は一番忙しいタイミングです。
保育園によってお昼ごはんの時間は若干違います。
11時~13時は避けてください。
小さい子どものお昼ごはんは保育士が何人いても助かります。

食事のあとはお昼寝です。
お昼寝の時間帯は大きな保育園ならこの時間がいいという保育園もあります。
小さい保育園は避けた方がいいでしょう。
というのは、電話の音です。
大きい保育園では電話がかかってきても子どもたちに聞こえるところに電話がないと思いますが、小さい保育園では子どもたちが寝ていて静かにしているところに電話がなると子どもが起きるのではとひやひやします。

お昼寝のあとはおやつをたべて帰りの会です。
この時間帯も午前中と同じように忙しい方です。

帰りの会が終わると自由時間のところが多く掃除を始めたりしますので余裕が出てきます。
この時間帯に電話するのが一番いいです。
時間に追われてすることも少ないはずです。

また、1日の中でではなく月のどのあたりでするのがいいかというと中旬あたりがいいです。
月初と月末は何か作業があったりすることが多いです。

また、週初めや週末も同じです。
火曜~木曜日にした方がいいです。

丁度、時間に余裕がある時でしたら最近の見学者の傾向や空き状況や住んでいる地域の保育園情報なども話せます。

4.電話で話すこと聞くこと

まず見学をしたくてお電話しましたというと大抵担当者に代わってくれます。
名前を言ってお子さんの月齢と入園希望時期を話してから話をしたり質問をしたりしてください。

お子さんの情報があれば的確な答えがもらえます。

月齢が違うと話す内容が少し変わってきます。
例えば、1歳2,3ヶ月までの子どもだったら離乳食の話をしたり、3歳前後だったらトイレトレーニングのことを話したりできます。
見学の時に話をすればいいやと思う方もいると思いますが、事前にわかっている情報があると見学の時にさらに詳しく質問をすることができます。

必ず聞いておきたい質問事項

  • 見学の日時、かかる時間の目安
  • 持ち物
  • 子どもと母親以外も一緒に行く場合の許可
  • 自転車やベビーカーで行く場合の置き場があるかと置いていいか
  • 空きやキャンセル待ちの状況など
  • この他気になることは簡単に聞いておく

相手が聞きやすそうな人だったらどんどん聞いていいです。

そういったことも選択する時の大切なポイントになります。

5.見学に行こう!

見学が決まったら、何を聞くか、何を見て確認するか事前に話し合っておきましょう。

見学に行く保育園全部で同じことを聞いて比較できるようにしておくと後々便利です。

見学に初めて行くときは緊張すると思いますが、保育園側は慣れているはずなのでなんとかなります。
それにこの保育園に通わせたいと思えるような保育園だと見学も楽しいはずです。
ワクワクしながらいくのが一番です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*